TrunkBooks ―traveling secondhand bookstore―

「TrunkBooks」という移動古本屋さんの日々の綴りです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

内町工場  

と、いうわけで夏休み・古本の旅第二弾が益子町にあります「内町工場」さんです。
古道具が大半をしめていますが、店内のそこかしこに古本が並んでいて、なおかつ安値なのが嬉しいお店。
お邪魔したその日も店主さんが古本に囲まれ、本のケアをされていました。
好きなんでしょうねー、本。
一冊一冊、丁寧に手にとる店主さんの姿。ひしひしと本への想いが伝わってきます。

さて、物色…といったところで、なにやらカチカチ…という音が。

娘、年代物のタイプライターで遊ぶの巻。

…。

というわけで、早々に退散。
どさくさにまぎれて夫、自分だけお買いものしてるし。
(といいながら、私も本棚買っちゃった♡)


やはり、古本屋は家族で行くものではないのかも…。
遠い目をした真夏のある日のことでした…。
スポンサーサイト

category: 古本の旅

tb: 0   cm: 0

白線文庫  

夏休み。
ふらりふらりと出歩くのが好きな私は、前々から行きたかった古本屋さんに行ってきました。
その一軒がこちら、「白線文庫」さんです。

久々に訪れた黒磯。SHOZOのある通りにひっそり佇む古本屋さんです。
お店の雰囲気にあった古本がきちんとディスプレイされていて、店主さん(綺麗な方!)の本への愛情が感じられる落ち着いた空間。
ヨーロッパの珍しい古本もありました。

さてさて、ゆっくり物色を…と思ったところで


「おしっこ」


と娘に切願され、早々に退散…。


今度は一人で行ってきます(泣)

またひとつ、黒磯へ行く楽しみがふえました。
皆さんもぜひ!
白線文庫さん、洗練された素敵な古本屋さんですよ。

category: 古本の旅

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。