TrunkBooks ―traveling secondhand bookstore―

「TrunkBooks」という移動古本屋さんの日々の綴りです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ありがとうございました  

こう見えて…

小・中学校と毎年、お決まりのように学級委員を務めては、通信簿に「しっかりしている」と評されるような子どもだったのです、私は。

そのしっかり者の私がうっかり者へと変貌を遂げたのは、一体いつからだったのでしょう…。

やっちゃいました…。
ようやくイベント慣れして、ソイ夫妻のいない久々にひとりきりで参加した本日のイベント「ワークショップ・フェスティバル」。
8時搬入、重い荷物の運搬を済まし、お洒落なお店が次々とディスプレイし始めた時のことです。
さぁ当店も!と意気込んだ瞬間…


トランク忘れたーーーーーー!!!!


すぐさま車に乗り込み、何の店だよっ!とひとりツッコミをしながら田舎道をぶっ飛ばし、家族に白い目で見られつつUターン。自宅から10分の会場が救いでした。なんとか、ギリギリセーフ!

そんなこんなで、はじまった今回のイベント。
数多くのワークショップを体験して、キラキラした瞳で夢中で何かを作り上げる子どもたち。
笑顔の絶えない素敵なイベントでしたね。

ブログをチェックしてきてくださったり、時間をおいて何度も足を運んでくださったり、今日もたくさんの本を手にとってくださって、皆様どうもありがとうございました。
主催者様、スタッフの皆様お疲れ様でした。
雨のことや、本のことなどいろいろとご配慮してくださって、どうもありがとうございました。

来年も開催されるのかな~。
次回は本づくりのワークショップもやってみたいなぁ~。

皆様とお天気の神様に感謝を!
ではまた、次回のトランクをお楽しみに!!

category: イベント報告

tb: 0   cm: 7

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2011/08/20 22:55 | edit

あはははは

車を飛ばしながら、なぜかあなたの顔が浮かびました(笑)
O幼色の強いイベントでしたよ~。
下手なことできませんわ(笑)

機会があったら遊びにおいでね~。
では、バンコクのブログで会いましょう!

URL | trunkbooks #-
2011/08/20 23:03 | edit

スミマセン…

今日は一番楽しみにしていたのに…私会場にほぼ一日いたんですが、まったりと寛ぎすぎてすっかり探すのを忘れてしまいましたΣ(T▽T;)グワーン
あ~情けない。本を見せていただきたかったのに(>_<)
あ~いつになったらお会い出来るのかな(ToT)

URL | のんとも #-
2011/08/20 23:19 | edit

学級委員だったの??

かまちくんの本見るの忘れた;;

思春期に高崎の美術館で彼にときめいたあの感覚を思い出したかったのに 偽ロッカーやら からみずらい息子に気をとられ 拝見するのを忘れました あの頃私は純粋だった……いつからこーなったんだろー…… トランク忘れたトランクさん あなたもいつから……また次回も楽しませてください^^

URL | ノンダクレNo.2 #-
2011/08/21 00:17 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2011/08/21 11:52 | edit

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2011/08/21 22:39 | edit

あのう…

のんともさん>
こんにちは。イベントいらっしゃっていたのですね(笑)
ほんと、いつになったら「はじめまして」ができるのでしょう(笑)

次回のイベントは少し先の予定なのですが、その前にちょっと企画してることがありますので、その時にご対面できればと思います。

話はかわって…書道されていたとは。素晴らしい作品!!実は、うちの6歳の娘も習ってるんです。
いろいろとお話できるの日がくることを楽しみにお待ちしております!!
よろしくお願いいたします。

ノンクレ2号さん>
かまちくん、ありました…。絵本コーナーの下段においてございました…。
「物忘れがひどくて…」と、手のひらサイズの辞書買ってる場合じゃございませんよ、奥さん!!!!
2冊ともまだ手元にありますので、機会があったらまたチェックしてくださいな。
ちなみに、残念ながら「くちぶえ~」は前回のイベントで旅立っていかれ、またタカオゥに薦めた怪人辞典は、なんとこれが素敵な女性の手に渡っていきました。
まぁこれも、偽ロッカーのせいということで(笑)
また、遊びに来てくださいね。

そして、、、
お二方。

お二方に限らず、私のプライベートな部分を知る人皆、なぜゆえに私が学級委員だったということに驚くのだ?!
休み時間に、花瓶の水を替え、インコに餌をあげて育ったワタクシになぜ驚く!!!!

このブログはじまって以来の、本に関係のないところでの盛り上がりにいささか複雑な心境ですが(笑)まぁ、いいです。
のちのちこの件につきましては、語らせていただきましょう。

では、また次回のトランクで!!

URL | trunkbooks #-
2011/08/21 23:12 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://trunkbooks.blog71.fc2.com/tb.php/190-f28164c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。