TrunkBooks ―traveling secondhand bookstore―

「TrunkBooks」という移動古本屋さんの日々の綴りです。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

おさけ日和  

211GWXRP7XL__SL500_AA300_.jpg

「おさけ日和」

どんだけ好きなんだよっ?!って、呆れないでください。
本のある風景と同じくらい、酒のある風景をこよなく愛す店主でございます。

フレンチレストランより、チェーンの居酒屋。
カフェよりも、立ち飲み屋。

言い過ぎか(笑)

でも…こんな忙しない世の中、外でも、家でも、朝でも、夜でもおさけをたしなむという心のゆとり。
必要じゃございませんか?

ワタクシ事ですが、久々に先日は一軒のお店でママ友と7時間呑み続け…そうだ、思い起こせば、若きし頃は仲間たちと24時間何軒もハシゴ酒をし(次々にみな倒れていった)…真夜中の公園では、ブランコに乗りながら一升瓶をあけ…夫にプロポーズされたときも、ジャックの水割りを片手にもってたっけなぁ(笑)

とまぁ、おさけと共に人生の名場面があるわけです。

コチラの本は、単なるおさけ好きの人でもそうでない人でも楽しめる一冊。
おさけにまつわるエッセイから、おさけにあう音楽、家呑みのすすめなど難しいことぬきに、ほろ酔い程度の心地よさを味わえる素晴らしい本です。

ぐるり市では、カシワジ酒店さんも参加なんだよな~。
これは危険だな~(笑)

次回のトランクで、ぜひお手にとりください。

category: next Trunk

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://trunkbooks.blog71.fc2.com/tb.php/287-e9ec4253
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。